綜美薬品株式会社の薬用デオドラント【スメルメ・ディカ】

1日1~2回すり込むだけで、汗を吸収。わきのニオイのもと(細菌の繁殖)をシャットアウトする

32thの実績に基づくロングセラー。綜美薬品株式会社のデオドラントパウダー

綜美薬品が開発した“スメルメ・ディカ”【医薬部外品】

ワキガやニオイ・汗で悩んでいる・・・。ニオイを気にしないで、快適に過ごしたい。

“スメルメ・ディカ”は、そうした体のニオイが気になる方のために開発され、

その消臭効果の持続で、32年間のロングセラーを誇る綜美薬品の薬用デオドラントパウダーです。

『わきの下のいやなニオイ(ワキガ)はなぜ発生するのでしょう?』


綜美薬品のスメルメディカ。ニオイの発生

体臭の原因とされる汗、その種類は2種類です。 “エクリン汗腺”と “アポクリン汗腺”、この2つの汗腺からでる汗が体臭に大きく影響を与えます。

エクリン汗腺からでるものは、ほとんど水分の通常“汗”と呼ばれるもので、体のほとんど全てに分布していて、体温の調節や皮膚表面の殺菌などの役割を果たしています。

一方、アポクリン汗腺は、わきの下、乳首周り、おへその周り、陰部、肛門付近に分布しています。皮下組織にあって、出口は毛穴と合流しており、皮脂を含んだ汗を出します。ワキガはこの “アポクリン汗腺”からでる汗が原因といわれます。

 

■わきのニオイのメカニズム■


綜美薬品のスメルメディカ。ワキのニオイのメカニズム
アポクリン汗腺からでる汗は脂肪・脂肪酸・アンモニア・鉄分・色素・蛍光物質など臭いの元となる物質が含まれれており、白みがかったネバっとした汗です。分泌直後は無臭かわずかに臭う程度ですが、皮膚の表面に常在する細菌によって酸化・分解・腐敗して悪臭に変り、エクリン汗腺の汗によってわきの下全体に広がっていきます。この汗は、暑さや緊張などでさらに増えます。また、色素や金属イオンなども含むので、変色し、衣類の黄ばみが起こります。

 

女性特有のあの気になるニオイ・・・・に悩む方も多いはず。】


綜美薬品株式会社のスメルメディカ。女性に最適

 

働く女性に最適な薬用デオドラントパウダーは、綜美薬品株式会社のスメルメ・ディカです。

女性には毎月の月経がありますが、この時期にも体臭が変化します。その原因は女性ホルモンバランスに。

月経が近づくと、ホルモンの関係から皮脂腺は皮脂を多く分泌します。

陰部のアポクリン汗腺から出る汗と皮脂が混じりあい、月経による悩みだけでなく、不快な臭いの原因にもなり、意外と悩んでいる方が多い、体臭のひとつです。

 

中高年者の皮膚では、「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸が皮脂の中で作られ、空気中の酸素や微生物に触れることによって酸化し、「ノネナール」いう加齢臭を発生させる原因物質を作り出します。加齢臭は男性だけのものではなく、清潔に気をつけたり、フレグランスなどでカバーしているため目立ちませんが、女性にも加齢臭は存在します。特に男性は自覚症状がなく、周りに不快感を与えていることもあるため、女性・男性とも40歳を過ぎた頃から、エチケットとして、臭い対策に注意を払いたいものです。お悩みの方は、是非綜美薬品のスメルメディカをご検討ください。